厳しい寒さの中、今年最後の公式戦を4年生以下15名で戦いました。

まずは結果から。

Bグループ
vs 綾南ガールズ  0-0 △
終始攻め続け決定的な場面も多々ありましたが、相手GKの好守により引分け。

vs 東加平キッカーズ  1-3 ●
相手前線選手にキープレイヤーがおり1試合目とは違い防戦一方の展開に。
ただ何度かあったカウンターのチャンスを活かせず、勿体ない失点を重ねての敗戦となりました。

こちらの得点シーンはコーチ陣からオフサイド?に見えましたが、ビデオで確認した結果…素晴らしい飛び出しからの得点でした!

結果、綾南さんに総得点で上回りグループ2位に。4〜6位決定グループに進みました。

順位決定グループ
vs 浦安ガールズ 0-3 ●
前半は五分の展開。点を取りにメンバー変更をした後半開始直後に失点。
それでも巻き返しに期待しましたがそのまま敗戦。
結果は残念でしたが、午前中に出番がなかったメンバーが奮闘してくれました。
サッカーとの関わり、意識はまだまだですがこの試合をキッカケにして欲しいと思います。

vs 千葉中央FC  0-1 ●
当日最後の試合。
唯一の失点シーンは守備の人数は足りていただけに残念に思います。
最後の球際やシュートを打たせないという思いが足らなかったのかもしれません。
ただ強豪チーム相手に最少失点は嬉しい誤算でしたが、こちらの決定機もある中でのスコアレス。

6位で今大会が終了しました。


※チームで1名選出するMVP賞にはナイスセーブを連発してくれた選手を選出しました!
試合の中でもどんどん成長していくのがわかり、コーチ陣からも満場一致?での選出となりました。



過去2大会にも参加させてもらっていますが、他チームのレベルは1番高かったように思います。
結果、未勝利となりましたが勝ちや引分けにできる試合もありました。

ただ、止める、蹴るなどの技術や運動量については順位通りではないかと思います。

土日の練習で出来ることは限られます。
基本技術がなければその先に進むことは出来ません。

過去から見ても男子チームとの掛け持ちしている選手が多い学年です。

だからこそレディースのみ所属している選手の頑張りが必要です。

また、男子チームに所属しているだけでは上手くなりません。

選手みんなの向上心に期待したいと思います。

最後に寒い中応援してくださった保護者の皆様、有難うございました。

来年もよろしくお願いします!