柏LFCリアルタイムレポート

千葉県柏市唯一の小学生女子サッカーチームです! 試合結果、イベント、お知らせなどリアルタイムな情報を発信させて頂きます。

カテゴリ: 少女交流戦(旧Gリーグ)

梅雨入り前の貴重な晴天となった、柏ホーム3連戦最終、会場はあけぼの山。
今日の対戦は、関東でも有数の松戸さんと、全国でも屈指の千葉中央さんの強豪チームが相手でした。

🌑 0-17 (前10後7) vs松戸
🌑 0-18 (前10後8) vs千葉中央

結果は大敗でした。

試合前、既に対戦相手の実力を分かっていた子供たち、とても硬い表情でした。
そこで、ペップTalk「自分より強い相手に勝つ、これってスポーツの醍醐味だよね。…(中略)…無理な特別なプレイは望まない、今持ってるものを出しきろう。云々…。」、中村憲剛選手の言葉を交えながら話ました。少し和らいだ表情に変わりました。

1試合目、出来ないことは多かったのですが、戦術理解は高いのか、とてもきれいなフラットラインのディフェンスを見せてくれました、初めてなのに。いささか状況に対する柔軟性は足りなかったかな。最初のトークに反し「無理な特別なプレイ」を要求したベンチミスです(-_-;)

2試合目は「いつものプレイに戻そう」とポジションも子供たち任せ、その注意点・弱点だけ指摘しました。苦戦は変わらなかったのですが、1試合目より延び延びとプレイできていました。
後半はトップで出場機会の少ない子を中心に挑み、試合前ポゼの崩し方を説明をしました。試合中にコツを掴んでいき、終了間際にはPA付近でインターセプト、ゴールに迫ることができました。

試合後に「これだけレベル差のあるカードは中々組んで貰えないものです。良い経験になったのではないでしょうか。」と保護者の方からも前向きな言葉を頂きました。その通りだと思います。

殆どが防戦一方の我慢の試合でした。が、少ないながらにも作れた得点チャンスは、今日最大の課題:諦めないサッカーができたからだと思います。これもまた糧にして欲しいものです。

本日も暑い中、応援頂いた保護者の皆様 ありがとうございました。
DSC_0303
トップTRM隣で鳥かご(元気一杯、試合より!?)
DSC_0305
セカンド+α(だれかな?)

春の交流戦ホーム3連戦の2戦目。今回は柏の葉球技場です。
かつて柏レイソルがホームスタジアムとして利用していた場所で試合ができるのは羨ましい限りです。

まずはこのピッチを楽しもう!!
↓↓↓

IMG_5038


セカンドは流山FCさんと松戸GRSビアンコさんと対戦しました。
相手は自分たちより1枚どころか2枚も3枚も上の相手です。
勝ち負けよりも、前回の課題をクリアして新たな目標を見つけることができるかがカギとなります。

また、最近サッカーを始めた選手にとっては目の前に良いお手本がたくさんいます。
何かをつかむことができたでしょうか。

案の定、試合結果は大差での敗戦となりました。
でも、サッカーを初めて数ヶ月の選手たちにとっては自分たちの通用するプレイ、通用しないプレイを知ることができたのは大きな収穫になったはず。

試合の中でもいろいろと考え、工夫してどんどんレベルアップしていく選手もいます。
そういう子にとっては今日の経験はどんなに練習をしても得られないものだったのではないでしょうか。

ここで得た課題をどう克服するか?それは選手ひとりひとりが考え、実行に移すしかありません。

・うまくなりたい!
・勝ちたい!!
・トップチームに入りたい!!!
その熱い気持ちを練習にぶつけて、みんなでサッカーを楽しもう。

さあ、明日の練習は何人の選手が集まってくれるでしょうか。
今からとても楽しみです。


保護者の皆様、本日もたくさんの応援ありがとうございました。
来週はあけぼの山での前期最終戦となります。
引き続きよろしくお願いいたします。


コンセプトは・・・?
↓↓↓

DSC_0083

交流戦第2、3節の休場から久々の参加となる第4節。開催は柏のホームの一つ、逆井グラウンド。
アドバンテージが功を奏するか…。

運動会も重なりセカンド9人という少数メンバーに、トップ助っ人を頼みプラス3人、5・4年生で挑みました。
以下、結果です。

① 🌑0-2 vs LC成田
② 🌑0-3 vs 明海FCシーサイドシーガルズ

①公式戦デビューが3人、そんな中一進一退の攻防。前半1点のビハインドで折り返し、後半の終了間際、相手ゴール前での猛攻あるも、逆にカウンターで追加点を取られ、そのまま終了。チャンスもあり善戦した惜敗でした。

②相手はトップとのU12戦を控えた格上のチーム。防戦一方で相手陣内に攻め込めず。ラッキーな相手のミスシュートに救われ、GKのファインセーブや皆が諦めない執拗なディフェンスでしのぎ、何とか3点で抑えた試合でした。

個々のスキル差が大きく、まだまだ基本の止める・蹴る・運ぶができてないプレイヤーもいます。
そんな中、ビルドアップする意識や視野を広げたサイドチェンジも垣間見れたのは、少しですが成長できたかなと思います。

試合後の思いを尋ねたら、皆が悔しいと言っていました。大切な気持ちです。その気持ちを忘れずに練習に取り組み、次の試合に繋げて貰えればと思います。

空き時間にはLC成田さんにTRMの相手をして頂きました。ありがとうございました。
また、本日も暑い中、応援および お手伝い頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。

DSC_0294

DSC_0295

DSC_0299
皆で右手で柏レディースの「L」(実はカナの真似)

4月29日に千葉県少女サッカー交流戦の第1節が開催されました。
今年度最初の8人制の試合となりましたが、セカンドチームの結果はいかに。。。

第1戦 対松戸GRSビアンコ
1-2
やや押され気味の試合展開でしたが、最後まで諦めずボールを追いかける選手たち。
あと一歩及ばず負けてしまいましたが、気持ちだけは負けていませんでした。

第2戦 対千葉中央FC Second
0-3
もっと差がついてもおかしくない展開でしたが、この試合も最後まで諦めずにボールに食らいつく選手たち。しかし1点が遠い。。。


球際の勝負では負けていませんでした。
しかし、奪ったあとのアイデアがまだまだ乏しい印象です。

日頃の練習から高い意識を持って、個々の技術を磨いていくしかありません。
練習でできていないことは試合でできるはずがありません。
一人ひとりの課題は明確になったと思うので、自主練含めレベルアップしていきましょう。

暑い中応援に来てくださった保護者の皆様、お疲れ様でした。

IMG_4985
IMG_4990
IMG_4965

本拠地 柏では一過性のスコールもあった中、予報の曇りはどこいったか、会場の浦安はWBGT計(熱中症指数計)が鳴り止むことがない炎天下でした。
以下結果です。

① ⭕ 3-2 vs AmiesFC (こくみん)
② 🌑 1-8 vs 千葉中央U12 (交流戦)

①相手のコンパクトな陣形から逃れられず、早いプレスと囲い込みからボールを奪取され快速トップへと、幾度となくゴールを脅かされました。終始ビハインドなゲーム運びで、終了間際になんとか逆転できました。
②試合前に話したテーマは走ること。条件はただ走るのではなく無駄なく効率よく走り、人よりボールを走らせ、そして相手を走らせること。具体的な説明はせず「自分達で考えてみよう」と、とんち問答のような問いかけでスタートしました。蓋を開けてみれば、その答えを相手チームが実践していました。

全体的にスロースターター感は否めない試合展開でした。後半で出来てることが、前半スタートから出せてれば、違った結果に繋がったかもしれません。ただ、先行されても大差をつけられても諦めない姿勢は身に付いてきたかと思います。

本来②は柏セカンドが対戦するカードでしたが、トップ+セカンドで手合わせをお願いました。千葉中央FCさん、突然の申し入れをご承諾頂きありがとうございました。

最後に猛暑の中の応援頂いた保護者の皆様、本当にありがとうございました。まだまだ試合にイベントと続きますが、これからもご支援のほど宜しくお願いします。
_20170806_215829
千葉中戦(保護者様からご提供頂きましたm(_ _)m)続きを読む

↑このページのトップヘ